ペニトリンには効果の他どんな副作用があるの?

MENU

ペニトリンにはどんな弊害があるの?

ペニトリンにはどんな弊害があるの?

ペニトリンは健康食品として販売されていますので、副作用が発症するということはありません

 

そもそも、ペニトリンに配合されているL-シトルリンとL-アルギニンはアミノ酸の一種であり、人間の健康に欠かせない成分となっていますので、副作用が発症するということは考え難いでしょう。

 

ちなみに、勃起不全の治療薬として知られているバイアグラは医薬品として取り扱われているため、動悸や頭痛、めまい、胃腸障害などの副作用が発症します。

 

では、以下でペニトリンの副作用に関する質問にお答えしていきましょう。

 

ペニトリンは誰が摂取しても大丈夫なの?

ペニトリンは健康食品として販売されていますので、基本的にはどなたが摂取しでも問題ありません。

 

しかしながら、場合によっては摂取を避けたほうが良い方もいます。

 

ペニトリンの摂取を避けたほうが良いケースとして挙げられるのが、シトルリン血症を患っている方です。

 

シトルリン血症とは、血液中のシトルリン濃度が以上に高い状態にあることであり、肝臓の機能が悪化している時に発症すると言われています。

 

ペニトリンにはL-シトルリンが配合されており、このL-シトルリンには肝臓の働きをサポートする効果があるとされているのですが、シトルリン血症を患っている方がペニトリンを摂取すると逆に肝機能を悪化させてしまう恐れがありますので、ペニトリンの摂取は避けたほうが良いでしょう。

 

ちなみに、ペニトリンは女性が摂取しても特に大きな問題はありませんが、そもそも男性のペニス増大効果が期待できるサプリメントですので、女性向けではないと言えるかもしれません。

ペニトリンの摂取量を増やしたり減らしたりしても問題ない?

ペニトリンに特に決まった摂取量はありませんが、一日あたりの目安摂取量というものがあります。

 

ペニトリンの摂取量を増やせばペニス増大効果が早く出る、もしくは高まると考えている男性もいらっしゃるかもしれませんが、決してペニス増大効果が高まるということはありません。

 

一方、ペニトリンの摂取量を減らせば節約になると考えている男性もいらっしゃるでしょうが、摂取量が減るとペニトリンの成分が身体に浸透せず、効果を実感できなくなってしまう可能性があります。

 

そのため、ペニトリンのペニス増大効果を十分に実感したいのであれば、一日あたりの目安摂取量を守ることが大切です。

 

ちなみに、ペニトリンの一日あたりの目安摂取量は2粒となっています。

ペニトリンの公式サイトはこちら